【Yahooショッピング】ストアクリエイターでJavaScriptを使う方法

YahooショッピングのストアクリエイターでJavaScriptを使う方法

YahooショッピングのストアクリエイターでJavaScriptを使うための裏技を紹介します。

商品ページやカテゴリページでJavaScriptを使って実現したいことがある人は参考にどうぞ。

スポンサーリンク

ストアクリエイターでJavaScriptを使う方法

必要なのは下のimgタグです。

<img src="https://shopping.geocities.jp/ストアID/img/xxx.gif(画像URL)"onload='var ele = document.createElement("script"); ele.src = "https://shopping.geocities.jp/ストアID/js/xxx.js(読み込みたいJS)";
  document.body.appendChild(ele);' style="width: 0% !important;">
ここがポイント!

src=”画像URL”の直後、スペースを空けずにonloadを記述することでJavaScriptの読み込みができます。

正:src="画像URL"onload
誤:src="画像URL" onload

また、各店舗で書き換えが必要なのは2箇所。

  1. 画像URL
  2. JSファイルのURL

画像URL

画像は表示されないので何の画像でもOK。src=""に画像URLを入力します。

透明で軽量なスペーサーGIFを使うのもありだと思います。

スペーサーGIFとは?

スペーサーGIFとは、縦横1pxの透明なGIF画像のこと。
画像編集ソフトがあればすぐ作成できますが、下のダウンロードボタンを押して入手していただいてもOKです。

spacer.gif(39バイト)
スポンサーリンク

読み込ませるJSファイル

YahooトリプルにアップしているJSファイルを読み込ませることができます。

ele.src = ""にJSファイルのURLを入力してください。

imgタグの入力場所

imgタグはストアクリエイターのストア構築>ストアデザイン>ヘッダー・看板(サイドナビ、フッターでも可)のフリースペースに入力します。

ストアクリエイターでJavaScriptを使おう

商品ページやカテゴリページでJavaScriptを使いたい場合にどうぞ参考にしてください。

本記事の情報は読者様(おの しげ様)より提供いただきました。ありがとうございます。

本記事の方法はYahooショッピング非公式のテクニックです。使用の際は自己責任でお願いします。
なお、Yahooショッピングの仕様変更により突然使えなくなる可能性があります。ご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました