javascriptで切り捨て、切り上げ、四捨五入

NO IMAGE

定率値引き(「○%引き」)クーポン対象の商品価格を自動化する際に必要になってくる、値引き額をjavascriptで切り捨てる方法。

今回はそんな商品の値引き額の計算に使えるjavascriptの切り捨てのほか、切り上げ、四捨五入についても紹介します。

 

例えば2,222円の商品の20%の値引き額を計算すると、

2222×0.2=444.4

444.4円です。

それでは444.4円を例にしてそれぞれ紹介していきます。

Advertisement

切り捨て

四捨五入は”Math.floor”を使います。

切り上げ

切り上げは”Math.floor”を使います。

四捨五入

四捨五入は”Math.round”を使います。

小数点以下の値引き額の扱い

小数点以下の値引き額がでた場合、各店舗によって切り捨て、切り上げ、四捨五入するかの対応方法は決まっていると思います。

ですが、各ショッピングモールの定率値引き(「○%引き」)クーポンによって小数点以下の値引き額が算出された場合、各モールの対応はどうなるのでしょうか?

楽天市場とヤフーショッピングについて調べてみました。

楽天市場

定率値引き(「○%引き」)クーポンを利用することで、小数点以下の金額が発生した場合、小数点以下の値引き額は切り捨てとして計算されます。

出典:https://coupon.rakuten.co.jp/rule/

ヤフーショッピング

定率値引き(「○%引き」)クーポンを利用し、1円未満の値引き額が発生した場合、小数点以下の金額は切り捨てとなります。

出典:https://topics.shopping.yahoo.co.jp/notice/archives/coupon.html

このように小数点以下の値引き額は切り捨てされます。

まとめ

今回はjavascriptでの切り捨て、切り上げ、四捨五入について語りました。

四捨五入は“Math.floor”

切り上げは“Math.floor”

四捨五入は“Math.round”

定率値引き(「○%引き」)クーポンによって算出された小数点以下の値引き額は切り捨て

商品の値引きをするときには是非javascriptを使ってラクしましょう。

それではこのへんで。

以上!

Web制作カテゴリの最新記事