楽天スマホページでjavascriptを使う裏技

楽天スマホページでjavascriptを使う裏技

楽天のスマホページでjavascriptを利用できる裏技を紹介します。

javascriptを利用すればスライダーを設置できたり、カウントダウンタイマーを表示したりできます。

そんな便利なjavascriptは楽天のスマホページにおいては通常、使うことができません。

今回紹介するのは楽天のスマホページでjavascriptをはじめとした禁止タグを使えるようになる裏技です。

Advertisement

裏技の記述方法

javascript

楽天スマホページにjavascriptを読ませるためのサンプルがこちら

開始タグ、終了タグ両方の閉じカッコの直前に=""を入力をしているのがポイントです!

開始タグの=""を入れる位置は閉じカッコの直前でなくとも良いのですが、何かの拍子にイコール直前の半角スペースが削除されて<script="" ...>のようになるとタグがうまく機能しなくなります

なので=""の位置は閉じカッコの直前を推奨します。位置もわかりやすいですし!

iframe、link、div

scriptタグの他、iframe、link、divタグなどの禁止タグにも使えます。

id=""class=""などが付与されていると=""1つではエラーになることがあります。

そんな時は2つ、3つ…と数を増やすと通るようになります。

 

以上の裏技コードをRMSのデザイン設定より「スマホ商品ページ」、「スマホカテゴリページ」に記述すればOKです!

最後に

今回は楽天のスマホページでjavascriptなどの禁止タグを使えるようになる裏技を紹介しました。

閉じカッコの直前に=""を入力する!

javascript、iframeなどを利用すればデザインの幅も拡がり、便利な機能も使えます。

あとはあなたが各ショップに合ったデザイン、機能を考えるだけです!

今回の方法は楽天非公式の裏技です。使用の際は自己責任でお願いします。
また、楽天の仕様変更により裏技が突然使えなくなる可能性があります。ご注意ください!

それでは今回はこのへんで。

以上!

楽天市場カテゴリの最新記事