サメ映画でおすすめなB級5作品+番外編

サメ映画でおすすめなB級5作品+番外編

実は映画ジャンルとして確固とした地位を築いているサメ映画。

先月公開された「MEG ザ・モンスター」が話題になっている今、高い注目を浴びています!

今回はそんなサメ映画の中から「色んな意味で面白い!」と思ったおすすめB級5作品を紹介します。

サメ映画とは

言わずと知れたサメ映画の金字塔ジョーズから現在に至るまで実に様々なサメ映画が製作されました。

特にB級サメ映画と言われるものはCGに難ありなど色々と“アレ”ですが、近年ではサメ×〇〇と掛け合わせる面白い設定のサメ映画が多数製作されています。

単なるパニック映画、モンスター映画に留まらない展開をしているのです。

おすすめB級サメ映画5選

サメ×竜巻

その突拍子も無いな設定からシリーズ化されている人気サメ映画、シャークネード ワールド・タイフーンです。

対シャークネードの秘密組織を結成したノヴァは、ストーンヘンジの洞窟でかつて人類がシャークネードとの戦いに使ったといわれる秘宝「デュークワカ(鮫の神)のハーネス」を発見する。しかし、ノヴァがハーネスを持ち出した途端に巨大なシャークネードが発生。ロンドンへと向かったシャークネードは人々を襲い、ギルも鮫の渦に呑み込まれてしまう。フィンとエイプリルは、ギルを救うためにシャークネードを追跡するが…。

Amazonより引用

サメ×竜巻の組み合わせが新しいサメ映画です。

巨大竜巻に乗って種類の異なる多数のサメが降ってきます。

なぜ竜巻に巻き上げられのがサメだけ!?とツッコミ所満載です。笑

さらにシリーズによっては宇宙が舞台になったりとSF要素強めなのも魅力です。

また、サメ映画は“あの人は今”的な俳優を起用することが多いんですが、シャークネードシリーズ主演のアイアン・ジーリングはサメ映画のおかげで再び注目されている俳優の1人です。

・空から襲いかかる多数のサメ、サメサメ

・サメの撃退方法に注目!

サメ×サメ

恐怖を増すなら数を増やせばいいという単純明快さが売りファイブヘッド・ジョーズです。

プエルトルコのパロミノス島。青い海と輝く太陽に恵まれたこの島は、絶えず観光客で溢れていた。平和な日々が続く中、突如地元警察に人間が鮫に襲われたという通報が入る。スターリング警部が現場に駆け付けると、誰も乗っていないクルーザーには、血痕とカメラだけが残されていた。スターリングは海洋学者のヨーに協力を仰ぎ、研究意欲を掻き立てられたヨーは元同僚のレッドと鮫を捕まえるために海へと向かう。しかし、その恐ろしさは彼女たちの想像を遥かに超えていた―。

Amazonより引用

その名の通り頭が5つのサメが襲ってきます。

5つの頭を使って一度に複数人に襲いかかるシーンは圧巻です!

こちらもシリーズ化されていて、続編の度に頭が増えています。笑

サメ×タコ

サメと別の生物をかけ合わせるというサメ映画の代表作がシャークトパスです。

≪人喰いザメ×超巨大ダコ≫アメリカ海軍、極秘の合体生物兵器が今、放たれる!!

Amazonより引用

サメ×タコをかけ合わせた生体兵器が大暴れします。

タコなので陸上も歩けます!

もちろんシリーズ化もされており、続編ではVSシリーズになり、別の組み合わせ生物と闘います。

Advertisement

サメ×ロボ

禁断の組み合わせのサメ映画といえばこちらのロボシャーク Vs.ネイビーシールズです。

未確認飛行物体”UFO”が謎のマシンを宇宙から地球へと放出し、それを飲み込んだ巨大なサメが一瞬にして”ロボシャーク”に変身!一方、シアトルに住む水道局に務める夫とSNSにハマる娘と共に暮らす報道レポーターのトリッシュは、アメリカ海軍が何らかの厳戒態勢を敷いていることに気付く。

Amazonより引用

謎のUFOの力によりサメがロボットに変身するという、SF好きなら胸アツ必須の展開で始まります!

ロボットになったのでガトリングガンもぶっ放します。

極めつけはSNSも使いこなします。笑

実はSNSにのめり込む現代人への警鐘を鳴らしているのでしょうか?

サメ×幽霊

サメにホラーを混ぜ込んだ!?のがゴースト・シャークです。

人ごみで賑わうビーチが騒然とする。青白く光るサメが出現し、人々を襲ったのだ!その惨劇が去った後に現場についた地元警察は、その話を信じようとはしなかった。そこに偶然居合わせたエバと妹のシスリー、友達のブレイスは犠牲者の残したビデオカメラに光るサメの証拠をつかむ。

Amazonより引用

謎の祠の力によって蘇った幽霊ザメが所構わず暴れまわります。

幽霊だけあって水のある所ならどこにでも現れます。

コップに入った水にも潜んでいるのは驚きです!

番外編

◯◯シャーク、◯◯ジョーズといったサメ映画とは一線を画すのがパニック・マーケットです。

大洪水に呑み込まれた一軒のスーパーマーケット。そこに閉じ込められた13人の生存者たち。水中からは巨大な人喰いザメが、天井からは人喰いガニの大群、水上には高圧電線が垂れ下り・・・。
しかも、13人の中には強盗犯、殺人鬼が潜んでいた。次々と彼らを襲う危機また危機!いま、地獄のスーパーマーケットからの脱出を求め、彼らの生命を賭けた挑戦が始まろうとしていた!

Amazonより引用

もちろんこの作品にもサメが出演するんですが、この作品のテーマはサバイバル

サメは障害の一つに過ぎません。

洪水で浸水し、水かさが増すスーパーマーケットから脱出するためスーパーマーケットにある道具を使って奮闘する様子を観るのがこの作品の醍醐味です。

ちょっとした人間ドラマも垣間見えるので、その点も楽しめるポイント!

個人的にはB級サメ映画ランキング1位の作品です。

映画を無料で観る

このようにバラエティ豊かなサメ映画を見てきましたが、なんと無料で観る方法があります。

それが僕がよく利用しているU-NEXTの他、AmazonプライムdTVNetflixなどの動画見放題サービスです。これらのサービスの無料体験を利用すれば映画を無料で観ることができるんです!

無料体験中に解約することもできるので、お試しで使ってみるのもいいと思います。

まとめ

サメ映画は本当にバラエティ豊かですよね。

また、サメ映画界では日本を大きな市場と捉えているようで、日本を意識して作ったのではないか?というようなメガ・シャークVSグレート・タイタンという作品もあります。出てくる巨人が日本で有名な“あの”巨人に似ています。笑

日本はゴジラ、ガメラを筆頭にした怪獣映画の文化があるため、モンスター映画好きが多いということなのかもしれません。かく言う僕も平成ゴジラ世代です。

次々とバラエティ豊かな作品を量産し、熾烈な闘いを続けるサメ映画。

ながら見など、気楽に観られるのがサメ映画の良いところです。

暇な時、ちょっとした時間つぶしにいかがでしょうか?

それでは今回はこのへんで。

以上!

日常カテゴリの最新記事