楽天RMSで外部JavaScriptを使う裏技【imgタグ使用】

楽天RMSで外部JavaScriptを使う裏技

楽天RMSではscriptタグが禁止されているためJavaScriptが使えません。

それでもどうにかしてJavaScriptを使いたいという方のための裏技を紹介します。

商品ページやカテゴリページでJavaScriptを使って実現したいことがある人は参考にしてください。

スポンサーリンク

RMSで外部JavaScriptを使う裏技

imgタグを使います。

<img style="display:none;" src="画像のURL" ="="onload=jQuery.getScript('https://www.rakuten.ne.jp/gold/店舗ID/js/xxx.js(読み込みたい外部JSファイルのURL)')>
ここがポイント!

src="画像URL"の直後、全角スペースに続けて="="onloadを記述することで外部JavaScriptの読み込みができます。半角スペースではダメです。

正:src="画像URL" ="="onload
誤:src="画像URL" ="="onload

画像URL

style="display:none;"を指定しているため画像は表示されません。何の画像でもOKです。src=""に画像URLを入力します。

透明で軽量なスペーサーGIFを使うのも一つの手です。

スペーサーGIFとは?

スペーサーGIFとは、縦横1pxの透明なGIF画像のこと。
画像編集ソフトがあればすぐ作成できますが、下のダウンロードボタンを押して入手していただいてもOKです。※圧縮ファイル(zip形式)でダウンロードされますので展開してお使いください。

spacer.gif(39バイト)
スポンサーリンク

読み込ませる外部JSファイル

楽天GOLDにアップしているJSファイルを読み込ませることができます。

jQuery.getScript('')に外部JSファイルのURLを入力してください。

例)jQuery.getScript('https://www.rakuten.ne.jp/gold/店舗ID/js/xxx.js')

imgタグはどこに入力する?

商品ページでJavaScriptを使いたい場合、imgタグをRMS内のヘッダー、レフトナビ、フッターに入力します。

カテゴリページのみで使用したい場合はカテゴリページの編集画面です。

複数の外部JSを読み込むには?

外部JSを複数読み込むことも可能です。

jQuery.getScript('https://www.rakuten.ne.jp/gold/店舗ID/js/sample1.js');jQuery.getScript('https://www.rakuten.ne.jp/gold/店舗ID/js/sample2.js')
ここがポイント!

一つ目のjQuery.getScript('')のあと、続けて二つ目のjQuery.getScript('')を記述します。間の「;」セミコロンを忘れずに。

まとめ:楽天RMSで外部JavaScriptを使おう

  • RMSで外部JavaScriptが使える
  • 使うのはimgタグだけ
  • 複数の外部JavaScriptを読み込める

パソコン版の商品ページやカテゴリページでJavaScriptを使いたい場合にどうぞ参考にしてください。

本記事の情報は読者様(おの しげ様)より提供いただきました。ありがとうございます。

本記事の方法は楽天非公式のテクニックです。使用の際は自己責任でお願いします。
なお、楽天の仕様変更により突然使えなくなる可能性があります。ご注意ください。

コメント

  1. こちらはまだ使えるのでしょうか?
    フッターレイアウトに記述したところ「onload属性は禁止」とバリデーションで言われてしまいました。

    • 本記事の裏技はまだ使用可能です。「許可されないHTMLタグ属性”onload”が入力されています」とエラー表示される原因として考えられることは「=”」が1つだけ、もしくは1つもないことなどです。
      記載にお間違えがないか今一度ご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました